企画展|Exhibition

HOME | 企画展|Exhibition

終了/6月開催企画展:2024年 6月22日(土)~30日(日)開催

紅椿それいゆの企画展

開催情報:企画展(予定・開催/終了)


終了いたしました


6月22日(土)~30日(日)開催



ガラスと陶 なつのうつわ・ふたり 展




梶原理恵子

堂前守人


・ご案内コンテンツはこちら >>


[終了] 4月26日~5月7日
紅椿それいゆ の

~3つの展示・2つのワークショップ~




・ご案内コンテンツはこちら ▶▶
「2つのワークショップ」ご案内


『植物と硝子の和合 Vol.2』

11/18(土)~27(月)


オカモト ヨシコ
<ガラス>作品展




終了いたしました

※ご案内はこちら >>

企画展の考え方

"創造する人" と "想像する人" をむすぶ

考え方

アート・工芸・染と織・音楽・写真・言の葉・・・。ジャンルにとらわれず自由自在に、そして、気取りなく・気負いなく「美を求める」皆さま。そうした"想像する人"と共にありたいと願い、私たちは[紅椿 それいゆ]のスペースを開設いたしました。


アート・工芸・染と織・音楽・写真・言の葉・・・。
多様なジャンルで、気取りなく・気負いなく、自由自在に「美を生み出す」方々。[紅椿 それいゆ]は、そんな"創造する人"の活動をご紹介し、微力ながら応援してまいります。

"創造する人"の活動・作品と、"想像する人"の思いやこころ。両者が交差し交流する。そして、また新しい何かが生まれる・・・。そんな「出会いのための催し」として、私たち[紅椿 それいゆ]は、『企画展』を(文字通り)企画し、積極的に開催していきたいと考えております。

 

企画展を催すにあたって、[紅椿 それいゆ]が(誠におこがましい限りですが)何らかの"セレクト"をさせていただくとすれば、その軸はただ一つ。「凛としていながら、こころ和ませる。」・・・そんな創造であるかどうかだけ。
あらゆる囚われから自由に、しかし芯の通ったこの視点で見ることで、「豊かな出会い育む」企画展を持つことができるよう努力してまいります。

(おもてなしについて少々)
企画展をはじめとする[紅椿 それいゆ]での催しにおいては、その催しの形態によって、お茶とお菓子の「おもてなし」がセットされてくる場合がございます。
凛としていながら、こころ和ませる。・・・そんな作品との出会いを、京都ゆかり銘品が、よりゆっくり・より豊かに彩ってくれることでしょう。




また、時として"想像する人"が"創造する人"へと転じる。そんな瞬間があることを私たちは知っていますし、待ち望んでもいます。特に[紅椿 それいゆ]は、京都・千本通の地で開業するにあたって、「地域に根差し・地域に開かれた」存在になることも目指しています。
学生・様々なサークルやグループ・商店街なども含む地域の皆さま・・・そうした方々の「こんな催しをやってみたい」という声にも、大いに耳を傾けてまいりたいのです。いや、ぜひ、いろいろなお声やアイディアを聞かせてください。共に「豊かな出会い」を育んでまいりたいと存じます。